着物の保管方法とは?正しい保存の仕方と注意点を紹介!【キレイな着物は高く売れる】

着物の正しい保管方法

「着物をもらったけど、どうやって保管したらいいんだろう?一般的な衣服のようにタンスにしまってたらいいのかな?」

着物に詳しくないと、どうやって保管したらいいのか迷いますよね!
着物は劣化しやすいものなので、雑に保管してしまうとすぐダメになってしまいます。

結論から言うと、桐タンスで保管するのが最もいい方法です。

今回は、

  • 桐タンスがおすすめの理由
  • 桐タンスが無い場合の保管方法
  • 保管する際の注意点

を順番に解説します。

着物を売りたい人に向けて、記事後半におすすめの着物買取業者を3社紹介しています。
高く売りたい人は、ぜひ最後までチェックしてください!

着物の保管方法は「桐タンス」がおすすめ!

着物は湿気に弱い衣類です。
湿気が多いところに置いておくと、カビが生えて着物がダメになってしまいます。

そこでおすすめなのが「桐タンス」です。
桐タンスは吸湿性に優れているので、着物をカビから守ってくれます。

多湿の時は、タンス内に湿気を入れないため湿気を吸収。
逆に湿度が低くなると、桐が縮んで内部の通気性を良くし、温度調整を行います。

このように、桐タンスは着物にとって便利な収納家具なのです。

ちなみに、着物は湿気が大敵ですが、かといって直接日光に当てると色あせの原因になるので気を付けましょう。

桐タンスが無い場合の保管方法

一番の保管方法は桐タンスですが、「置くスペースがない」「購入するのが難しい」という人も少なくないでしょう。

そういった人におすすめなのは、

  • 衣類用収納ケース
  • スチールラック

で着物を保管する方法です。

衣類用収納ケース

衣類用収納ケースは、プラスチック製のもので大丈夫です。
無印良品などの量販店で売っているお手頃価格のケースで問題ありません。

購入する際は、着物が入る大きさのものを選びましょう。
ケースが小さいと着物にシワが付いたり、型崩れしたりします。

また、収納ケースは風通しが悪く湿気が多くなりやすいため、定期的に開けてカビ対策をしましょう。
除湿シートをケース内に入れておくのもおすすめです。

スチールラック

スチールラックで収納するのも方法のひとつです。
スチールラックは風通しが良いので、カビの発生を防ぐことができます。

ただし、そのまま保管するとホコリや色あせの原因になるため、たとう紙で包むようにしてください。

スチールラックに日が当たる場合は布で覆い、着物の劣化を防ぎましょう。

着物を保管する際の注意点

桐タンスや衣類用収納ケースに、ただ入れればいいというわけではありません。
保管する際にいくつかの注意点があります。

保管前にクリーニングに出すこと

着物を保管する前に、クリーニングに出すことをおすすめします。
というのも、着物が汚れている状態で保管すると、カビの原因になるからです。

着物専門のクリーニングでキレイな状態にしてから保管しましょう。

ただし、一般的なクリーニング店に依頼してしまうと、逆に着物の状態を悪くしてしまいます。
クリーニングをする際は、必ず着物専門店で依頼しましょう。

乾燥剤や防虫剤を入れて保管する

着物は湿気に弱いため、必ず乾燥剤や除湿シートを一緒に入れて保管してください。
また、虫の被害から着物を守ため防虫剤もおすすめです。

乾燥剤や防虫剤を入れる場合は、着物に付かないように入れましょう。

乾燥剤と防虫剤を一緒に入れて保管しても問題ありませんが、必ず1種類だけにしてください。
何種類も使ってしまうと化学反応を起こして、着物が色あせしたり、変色したりします。

定期的に虫干しする

虫干しをすることで、カビや虫食いを予防することができます。

理想としては年3回、乾燥した日を選び、梅雨の時期は避けるようにしましょう。

虫干しする際は日中を選び、着物用ハンバーを利用して1枚1枚干してください。
日光が直接当たってしまうと色あせの原因になるので、日光が当たらない日陰に干しましょう。

日が落ちると湿度が高くなるため、夕方になる前には取り込んでください。

風通しを良くする

桐タンスや衣類用収納ケースも、定期的に開けて風通しを良くしてください。
そうすることで、カビの発生を防ぐことができます。

頻度は1カ月に1度程度で問題ありません。
時間がある人は、それより多くても大丈夫です。

たとう紙に入れて保存する

たとう紙とは、着物を包む紙のことです。
吸湿性に優れているため、着物をカビから守ってくれます。

たとう紙を利用する場合は、1枚ずつ丁寧にたたんで包んでください。

古いたとう紙を使い回しているとカビの原因になるので、汚れていたら新しいものに変えるようにしましょう。

着物を積み重ねない

着物は重さに弱い衣類です。
何枚も積み重ねて保管してしまうと、シワが付いたり、型崩れを起こしたりします。

着物を積む場合は3〜4枚程度にし、5枚以上は置かないようにしましょう。
シワや型崩れは、着物を売る場合デメリットのひとつになるので、売る予定がある人は気を付けてください。

着物を着る予定がないなら売るのがベスト

特に着物を着る予定がないなら、着物買取業者に買い取ってもらいましょう。
着物には価値があるものが多く、思いもよらぬ高価買取になることも!

着物は劣化が早いため、なるべく早めに売るのが高くうるポイントです。
着ないでタンスの肥やしにするくらいなら、着物を売って別の人に大切な着物を着てもらいましょう!

おすすめの着物買取業者3社

着物を売るといっても、どこで売ったらいいのか迷いますよね!
ここでは、評判の良い着物買取業者を3社紹介します。

バイセル

  • 買取品目が多いので買取不可と言われることが少ない
  • 着物専門の査定士が常駐している
  • 実績が豊富なので安心
買取方法・持込買取
・出張買取
・宅配買取
買取エリア日本全国対応
査定費用「査定料」「出張料」「送料」「キャンセル料」「宅配キット」無料
受付時間24時間365日受付

買取プレミアム

  • 女性スタッフが指名できるので女性や高齢の方でも安心
  • 最短で即日対応してくれる
  • アフターフォローがしっかりしている
買取方法・持込買取
・出張買取
・宅配買取
買取エリア日本全国対応
査定費用「査定料」「出張料」「送料」「キャンセル料」「宅配キット」無料
受付時間24時間365日受付

福ちゃん

  • リピーターが多い
  • 状態が良くない着物も買取対象
  • 独自の販売ルートがあるので高価買取が期待できる
買取方法・持込買取
・出張買取
・宅配買取
買取エリア日本全国対応
査定費用「査定料」「出張料」「送料」「キャンセル料」「宅配キット」無料
受付時間電話 9:00〜20:00(年中無休)
メール 24時間365日受付

まとめ

着物は桐タンスや衣類用収納ケースを使って大切に保管してください。
そうすることで、大切な着物を長持ちさせることができます。

もし、着ることが無いのなら、なるべく早めに売るのがおすすめ!
着物は劣化が早いので、時間が経てば経つほど価値が下がっていきます。

今回紹介した評判の良い着物買取業者を利用して、お得に着物を売りましょう!